お肌のダメージ | シミ取りは市販のクリームで改善できる~シミとは無縁になりたい~

シミ取りは市販のクリームで改善できる~シミとは無縁になりたい~

お肌のダメージ

肌を痛めないようにしましょう

冬が終わり、あたたかくなってくると、薄着になります。とくに女性は、この季節のうつりかわり時に、除毛対策について考える人が多くなるのです。最近では、男性でも除毛クリームなどにより除毛する人もふえています。除毛クリームや、かみそりによる処理は脱毛と違って、また一時的な対策で、また毛がはえてきます。だから、定期的におこなう必要があるのです。 そのため、説明どおりにやらなかったり、何度もやりすぎると、毛根やまわりの皮膚にダメージをあたえてしまいます。また、何度も繰り返すことで、毛の断面の形がかわり毛深くみえてしまうことがあるので、注意が必要です。また、除毛クリーム代や、かみそり代などを長いスパンで考えると、サロンで脱毛してしまったほうがお得な場合もあるのです。

食生活も関係するのです

除毛を必要とするひとは、ムダ毛になやんでいます。毛深くなることは、ホルモンの影響をうけている場合もあります。ホルモンの影響は、生理的なものだけでく、食生活にも関係してしまうのです。 毛深さは、男性ホルモンが強いと出てしまうので、男性ホルモンの量を減らすことも必要なのです。たとえば、牛肉や豚肉の食べすぎは、男性ホルモンを多くつくってしまいます。だから、お肉だけでなく、お魚やお野菜などバランスの取れた食生活をおくることがの望ましいのです。また、にんにく、ねぎ、玉ねぎやにらといった香味野菜のとりすぎも注意が必要です。 きちんとした食生活を送り、余計な毛を増やさず、余計な除毛をしなくてもいいようにすることも大事なポイントになるのです。